教育訓練給付制度-Education and training benefit plans-

教育訓練給付制度とは

厚生労働省が労働者の自発的な職業能力の開発及び、向上の取り組みを支援し、その雇用の安定及び、就職の促進を図るために設けられた教育訓練のための制度です。

一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)又は一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働省の指定する教育訓練を修了した場合、本人が教育訓練施設に支払った教育訓練費の一定割合に相当する額(上限あり)をハローワーク(職業安定所)から支給されます。

教育訓練給付金とは

その受講のために受講者本人が教育訓練施設に対して支払った「教育訓練費の20%」に相当する額をハローワークより支給します。

ただし、その20%に相当する額が、10万円を超える場合の支給額は10万円とし、4千円を超えない場合は教育訓練給付金は支給されません。

ご利用対象者

当校では以下の条件を満たした方のご利用が可能です。

① 雇用保険加入者1年以上の方 ② 規定の日程に合わせて受講いただける方

但し、一度でもこの制度を利用したことのある方は、前回の利用から3年以上が経過していること。
(上記の期間就労されていても雇用保険加入者扱いになっていない場合もあります。)

コースごとに設定されているカリキュラム日程に合わせて受講いただける方。

支給要件についてご不明な点がありましたら、ハローワーク(公共職業安定所)にご連絡ください。

利用可能な講座

大型免許(普通免許所持)
昼間部講座・夜間部講座
大型免許(中型8t免許所持)
昼間部講座・夜間部講座
大型免許(中型免許所持)
昼間部講座・夜間部講座
中型免許(普通免許所持)
昼間部講座・夜間部講座
牽引免許
昼間部講座・夜間部講座
大特免許
昼間部講座・夜間部講座

受給までの流れ

① ハローワークで確認

ハローワークまたは当校で配布する「教育訓練給付金支給要件照会票」に必要事項を記入し、本人確認書類(運転免許証等)を添付して、居住地管轄のハローワークに提出してください。

照会結果は「教育訓練給付金支給要件回答書」によってお知らせいたします。

② 入校手続き (当校で入校手続きを行います)

必要書類

  1. 教育訓練給付金支給要件回答書
  2. 運転免許証
  3. 印鑑(認印)
  4. 教習料金(受講費用)

③ 教習

教習が修了し検定に合格した時点で「教育訓練受講修了証明書」が発行されます。

※ 領収書は入校時に当校で発行いたします。

④ 支給申請手続き

必要書類

  1. 教育訓練給付金支給申請書 ・・・・・・卒業時に当校で発行します
  2. 教育訓練受講修了証明書 ・・・・・・卒業時に当校で発行します
  3. 領収書、またはクレジット契約証明書 ・・・・・・入校時に当校で発行します
  4. 本人確認書類 (運転免許証等)
  5. 雇用保険被保険者証 (コピー可)

上記の書類を受講終了日の翌日から一ヶ月以内にハローワークへご提出下さい。
※ 申請が一ヶ月を過ぎた場合、給付を受けれませんのでご注意ください。

⑤ ハローワークで審査後、給付金の支給

  • 「潜在型免許取得-合宿免許-」普通車(MT・AT)・普通二輪・中型大型・大型特殊・けん引
  • 「大型自動二輪免許」排気量400CCを超えるバイクの免許満18歳の誕生日の1ヶ月前から入校可能
  • 「普通自動車免許」オートマチック限定、もしくはマニュアル車で郷愁を行います
  • 「入校案内・資料請求」指宿自動車学校の詳しい学校案内の資料はこちらからダウンロードできます
  • 「ペーパードライバー講習」運転に不安のある初心者の方から20年以上運転していない方まで
Top